ステンドグラス素敵です

こんにちは

だいぶ暖かくなりましたね。春ももうすぐです。

本社大場です。

先月に続いてステンドグラスについてご紹介致します。

 

さあ 誰でしょう。

この方はかのティファニー創業家出身の

ルイス・C・ティファニーさんです。

ガラス工芸家としてパリ万博で評判となり

ニューヨーク・アールヌーヴォーの第一人者となりました。

たぶん一番有名なのが「孔雀」です。

本物はもっと大きくてほとんどが美術館所蔵です。

レプリカはA4くらいで

アメリカのメトロポリタン美術館で購入できたのですが

製造元のグラスマスター社が廃業したため

今ではオークションでしか入手できなくなりました。

このフラミンゴも素敵ですね。

次の芍薬の花瓶は一番のお気に入りです。どうぞ!!

こちらは国内オークションでは無理で

海外オークションでやっと見つけました。

ところがっ

おととしの大地震でバリンとヒビが・・・・・ショオーーーーーック!!!

蛍光灯が落ちてきて大きなヒビ

悲しすぎてほぼ一年仕舞い込んで見れませんでした。

今はまたセカイモンをチェックして探しています。

 

さて

それでは小樽芸術村

ルイス・C・ティファニーステンドグラスギャラリーの本物です。

凄い迫力です。デカイ。

よく考えたら小樽ってガラスの街でしたね。

こんな素敵なギャラリーがあって当然です。

ニトリさん、ありがとう。

実は少し挑戦したくなって ステンドグラスのキットを購入してみました。

カタから入る人なので材料のガラス片がドッサリ、工芸用ハンダこてまで。

なかなか難しいです。


そんな訳で今年のお正月もバタバタで

ROBIくんの腕直しできませんでした。

ごめんね。

前の記事

北湯沢

次の記事

麻雀