参拝

みなさん、あけましておめでとうございます!

カーセブン36号清田店のいみなです。

 

カーセブン36号清田店は1月8日(水)から今年の営業がスタート致しました!

今年もスタッフ一同元気に明るく、みなさんのお役に立てれるよう精進して参りますのでよろしくお願い致します!

 

さて、みなさんは初詣に行きましたか?

毎年のことなのですが私は、近所の神社に2020年1月1日0時目掛けて初詣に行って参りました。

お正月は、とりあえず初詣に行ってお賽銭して手を合わせてお祈りするという定例行事ですが、いざ行くとどうやってやるんだ?何をどうお願いすればいいんだ?って毎年陥ります。

そこで、お祈りの方法を調べてみました!

これから、神社に行くよって方は以下の事を参考にしてみてください!

 

 

お祈りの作法

 

住所と名前は唱えた方が良い

結論から申しますが、住所と名前は礼拝時に唱えた方が良いとされています。
神様なのだから人間のことは何でもお見通しなのでは、と思うかも知れませんが、自分の敷地内に入ってきて名乗りもせずに都合よいお願いだけ唱えられても神様も良い気はしません。

それに住所と名前を唱えることで、神様があなたを見守りに来るかも知れません。そこであなたが願い事に対して真摯に努力をしていたり、人間として道を踏み外していないことを確認できれば、神様がお力添えをくださるかもしれません。

他にも、他者のためにお願い事を唱えることだってあると思います。
例えば、家族の病気平癒・子供の受験成功・大好きな人の手術の成功など、他者のために祈る機会というものは結構多くあるものです。

そのときその相手の名前や住所をお伝えしなければ、神様も誰に対してそのお願いを叶えれば良いか分かりません。
他者のための祈りのときは、必ずその人の名前と住所を唱えるようにしましょう。

ただ、実際に神様とお会いしたという方はいらっしゃらないでしょう。
結局は信じる心が大切となります。
名乗る必要はないという意見もありますから、あなたの信じるままに行動をしてみましょう。
そこに間違いはありません。

 

自己紹介だけでなく、日頃のお礼を

礼拝はお祈りやお願い事をするだけの場と思いがちですが、神様への感謝も示す場です。
普段から見守ってくださっていることへの感謝を告げることを忘れないようにしましょう。
自己紹介を先に行い、感謝を述べ、そして最後にお願い事を唱えるようにします。

初詣などで神社が混雑していると、礼拝もゆっくりできないですよね。
後ろの方のために早く終わらせないと、と思うかもしれませんがしっかりと唱えてもらって大丈夫です。
急ぐがあまり唱え忘れをしてしまったり、心の底からお願いができないことのないよう、時間をかけて礼拝しましょう。

 
お願い事はあくまで目標

神様に願い事をする、と便宜上申しておりますが、実際に願いを叶えるのはあなた自身です。
神様は叶うように後押しをしてくれるだけなのです。
ですから神様に「叶えて欲しい」と頼むのではなく、自分はこの目標を必ず達成するのでお力をお貸しくださいとお願いをするのが適切です。

神社へはあなたが願い事を叶えることを誓いに行く、約束をしに行くという風に考えましょう。
神様に対して決意表明をし、自分を奮い立たせて目標に向かって邁進してくださいね

 

 

以上、信じるも信じないもあなた次第!

でも、時には神頼みもしたくなる日くるはずです。

そんな時は以上の事を思い出しお祈りしてみると良いことが起こるかも!?

おーわーりーです!

 

次の記事

2020年